品質本位で
お客様の美味しさに
挑戦しつづける

朝日酒造は1830(天保元)年の創業以来、ご愛飲家の皆様をはじめ多くの方々に支えられながら、新潟の水と米と人により、品質本位の酒造りに邁進してまいりました。その道のりは、越路杜氏の伝統と技を受け継ぎながら、1920(大正9)年の株式会社化、1926年の販売店組織「朝日山会」設立。そして1969年のスパークリング清酒や1971年の純米酒発売など、つねに時代の先を見据えた挑戦の歩みでした。

その最たる酒は1985年、当時の社長・平澤亨と工場長・嶋悌司によって生み出された「久保田」。都会に暮らす人の嗜好が変わり、地元での需要が減りつつあるなか、「淡麗辛口」というまったく新しい日本酒の志向を打ち出し、新しい市場を切り拓いたのです。

そしていま、朝日酒造は新たな挑戦の時を迎えています。食はますます多様化し、日本酒の楽しみ方も変わってきました。弊社が続けてきた品質本位の酒造りはそのままに、お客様の声に耳を傾け、新しい美味しさを提案すべき時がやってきたのです。ひと口呑めば、心も身体も喜びに満ちる。そんな酒を造りつづけるため、私たちはこれからも酒造りの正道を歩んでまいります。

取締役社長

朝日酒造は1830(天保元)年の創業以来、ご愛飲家の皆様をはじめ多くの方々に支えられながら、新潟の水と米と人により、品質本位の酒造りに邁進してまいりました。その道のりは、越路杜氏の伝統と技を受け継ぎながら、1920(大正9)年の株式会社化、1926年の販売店組織「朝日山会」設立。そして1969年のスパークリング清酒や1971年の純米酒発売など、つねに時代の先を見据えた挑戦の歩みでした。

その最たる酒は1985年、当時の社長・平澤亨と工場長・嶋悌司によって生み出された「久保田」。都会に暮らす人の嗜好が変わり、地元での需要が減りつつあるなか、「淡麗辛口」というまったく新しい日本酒の志向を打ち出し、新しい市場を切り拓いたのです。

そしていま、朝日酒造は新たな挑戦の時を迎えています。食はますます多様化し、日本酒の楽しみ方も変わってきました。弊社が続けてきた品質本位の酒造りはそのままに、お客様の声に耳を傾け、新しい美味しさを提案すべき時がやってきたのです。ひと口呑めば、心も身体も喜びに満ちる。そんな酒を造りつづけるため、私たちはこれからも酒造りの正道を歩んでまいります。

取締役社長

会社概要

会社概要、経営理念、アクセスなどをご紹介します。

沿革

1830(天保元)年創業からの朝日酒造の歩みをご紹介します

関連会社

朝日商事、あさひ農研についてご紹介します。

安全・安心への取組み

品質方針や安全・安心への取組みについてご紹介します。