沿革

1830(天保元)年   朝日村で酒造業を始める。屋号は「久保田屋」
1920(大正9)年   「朝日酒造株式会社」創立、初代社長平澤與之助
1929年   琺瑯タンク28石7本を購入、漸次木桶による仕込を廃止
1972年   「東京出張所(現関東支店)」開設
1974年   「第2号蔵」竣工、自醸酒100%へ
1980年   「朝日商事株式会社」設立
1985年   「久保田」発売
1986年   「精米棟」竣工
「越路町ホタルの会」発足、社内に事務局設置
1989年   創立70周年行事の一環として越路町「もみじ園」造成に協力、完成
「新潟県ホタルの会」発足、社内に事務局設置
1990年   農業生産法人「有限会社あさひ農研」設立。翌春より酒米試験栽培開始
1992年   「調合棟」竣工
1995年   「朝日蔵」竣工、「自然環境保護の会」設立
1997年   「越路もみじの会」発足、社内に事務局設置。貯蔵棟「もみじ蔵」竣工
1998年   貯蔵棟「ほたる蔵」竣工
1999年   復活米「千秋楽」を使用した純米大吟醸「越州」を発売
2000年   「越州」発売、創立記念日に全社員で田植え
2001年   財団法人「こしじ水と緑の会」設立(2010年 公益財団法人に移行)
2002年   「製品倉庫」竣工
2003年   「松籟閣」が国登録有形文化財に登録される
2006年   「社屋・製品工場」竣工
2009年   ISO9001認証取得
2011年   「松籟蔵」竣工
2012年   貯蔵棟「いなほ蔵」竣工
2013年   物販店舗「酒楽(さら)の里 あさひ山」、飲食店舗「あさひ山 蛍庵」オープン
2015年   「朝日酒造 太陽光発電所」竣工
2018年   「松籟閣」が国の重要文化財に指定される
2019年   ISO 9001-HACCP認証取得

朝日酒造創立100周年動画