久保田のご紹介

朝日酒造は、創業以来こだわり抜いた酒造りを行っています。
「久保田」は創業時の屋号を冠した、朝日酒造入魂の銘柄です。

創業1830年(天保元年)、酒どころ新潟県の蔵元

朝日酒造株式会社は、1830年(天保元年)創業の蔵元。当時「久保田屋」の屋号で親しまれました。鑑評会などで高品質な酒の知名度が高まり、「久保田」「朝日山」などは、酒どころ新潟を代表する銘柄となっています。

酒の品質は、酒米の品質を超えられない

これはかつて朝日酒造の杜氏が語った言葉です。朝日酒造では「酒造りは米づくりから」を合言葉に、とことん酒米にこだわりながら、時代の先端をゆく設備環境と、連綿と続いてきた伝統の技をもって酒を醸しています。

久保田の顔、和紙ラベル

「久保田」は、ラベルにも創業時の品格にふさわしい風情を求めました。新潟県高柳町門出の和紙職人、小林康生さんにお願いし、楮(こうぞ)を原料とした、自然の素材感が滲み出るようなラベルを作っていただきました。久保田のラベルは、雪国新潟の力強さや素朴さを表現しています。

すっきりとした、淡麗辛口の味わい

なぜ淡麗辛口を目指したか

開発当時は、一般的に甘く強い日本酒が好まれていました。しかし朝日酒造では、これからはすっきり飲める、飲み飽きしない淡麗な酒が好まれると予見し、首都圏の方々に好まれる酒を造ることにしました。現在でも、あっさりとしながら深みとコクがあり、口当たりの柔らかな淡麗な酒は、世代・性別にかかわらず、多くの人々から愛されています。

冷やはもちろん、お燗にも

料理や季節にあわせて、冷やはもちろん、お燗をしても楽しめる久保田。華やかな香りや柔らかな口当たりをお好みにより味わうことができます。久保田は飲む人に応える懐の深い日本酒なのです。

酒造りは米づくりから

より良い酒を造るため、地域と連携し、豊かな自然を守る活動をしています

時代が移り変わり、技術が進歩しても「酒造りは米づくりから」の基本は変わりません。「水」「米」を育む自然環境の保全は、朝日酒造の大きな使命となっています。朝日酒造は「農業生産法人㈲あさひ農研」を設立し、地域と連携して良質な米をつくるための栽培技術指導などを進めています。
1984年より、ホタルの保護活動、新中学1年生へのもみじの記念樹贈呈などを展開してきた朝日酒造。2001年に「財団法人こしじ水と緑の会」を設立し、豊かな自然環境のなかでの酒造りを次世代につなげていけるよう、さまざまな取り組みを続けていきます。
(写真下)新潟県長岡市はホタルが飛び交う里として有名。豊かな自然環境が良質な水と米を育み、よい酒となって実を結びます。

pagetop