元旦しぼり

普通酒(生酒) 1月限定出荷

元旦しぼり

Gantan Shibori

新しい年の幕開けにふさわしいおめでたいお酒を、その年の干支を描いた絵馬と共に、新年早々皆様にお届けします。搾りたてでフレッシュな生酒の味わいをお楽しみください。
※冷蔵での保存をお願いします。

希望小売価格(税抜)

1,830ml 2,490円
元旦しぼり

『元旦しぼり』誕生の背景

『元旦しぼり』は、新年を祝うしぼりたてのフレッシュで豊かな味わいが特長の生酒です。アルコール度数が18度ながらも、いくらかすっきり甘めに仕上げています。年に一度、新年早々に出荷する『元旦しぼり』は、お年始の定番酒としてご好評を頂いています。
 
『元旦しぼり』は1986年1月に発売しました。その前年には「久保田」を発売しました。久保田の成功に向けて部署・年代を超えて社員が一丸となって取組むために社員全員が参加する「小集団活動」を結成し、その活動のなかで、年初めにふさわしい商品として『元旦しぼり』が考え出されました。発売当初は酒販店様から「元旦しぼりなんか始めるから正月も休めない!」と言われたこともありましたが、干支一巡は続けてみることでスタートしました。今では、当社にとっても酒販店様にとっても無くてはならない商品となり、干支の三巡目に入っています。
社員が一丸となって取組んだ証でもある『元旦しぼり』を新年のスタートをきる酒として、今後も大切にしていきたいと思っております。

元旦しぼり
元旦しぼり

『元旦しぼり』の酒造り

新年早々に出荷するということは、もろみを搾る時には成分がピッタリ目標通りになっていなければいけません。しかも製成数量も決められていますので、酒の数量が不足してはいけません。大変制約の多い、気を遣う仕込みです。杜氏は、仕込みを開始してからゴールするまで毎日、もろみの経過や分析値とにらめっこし、今日の品温を何度にしようか、その温度にしたら明日はどうなるか、と目が離せない酒です。新年に一番美味しい状態でお客様にお届けできるように、細心の注意をはらいます。
全社一丸となり、瓶詰めを行い、酒販店様へ配達をします。(一部地域を除きます)
 

元旦しぼり

御祓いを受けた開運絵馬

『元旦しぼり』には、朝日神社で御祓いを受けた絵馬をつけています。絵馬は文字通り「絵にかいた馬」というのがもともとの意味で、神社などへ奉納するようになったのは平安時代に始まった習わしだそうです。神社に生きた馬を供えることが行われていたようですが、それが木馬に変わり、いつしか絵馬となり、願い事によって、いろいろな動物が登場してきたそうです。
『元旦しぼり』の絵馬の裏に今年の願い事を書いてお願いしたら、運が開けるかもしれませんね。

元旦しぼり
元旦しぼりラベル

干支をデザインしたラベル

ラベルには、その年の干支が描かれています。新潟美術学園の長谷川朝子氏による絵で、干支が鮮やかに力強く描かれています。色鉛筆による元気の出る図柄で、明るく仕立てられています。
「本年のラベルは若い牛の力強さと元気さを表現しました。私が元旦しぼりの絵を描き始めたのは、今は亡き先々代平澤亨社長からのご依頼でした。本年で干支の二周目が終わります。この場をお借りして、皆様に心から感謝申し上げます。」 (長谷川朝子氏談)

原料米(精米歩合)麹米 / 掛米 新潟県産米 60% / 新潟県産米 65%
アルコール分 18度
日本酒度 +3.0
酸度 1.5

※数値は多少変動する場合があります。

原料米(精米歩合)麹米 / 掛米 新潟県産米 60% / 新潟県産米 65%
アルコール分 18度
日本酒度 +3.0
酸度 1.5

※数値は多少変動する場合があります。

酒造りのこだわり

水田と里山の広がる新潟県長岡市朝日で1830(天保元)年に創業。それから180年余、創業地の地内を流れる清澄な地下水脈の軟水と、地域の農家とともに研究を重ねながら育てている良質な酒米、そして、越路杜氏から継承する知恵と基礎研究による技術革新で、新潟産にこだわった真摯な酒造りを続けています。
すべてにおいて品質本位、そしてお客様本位であること。
それが朝日酒造のポリシーです。