お知らせ・新着情報

2019.11.11

イベント・キャンペーン

「あんこ博覧会」限定の日本酒と和菓子のペアリングバー 久保田×越乃雪本舗大和屋「越乃酒菓(こしのしゅか)」11月20日(水)~11月25日(月) 日本橋三越本店にて開催

1

朝日酒造と株式会社越乃雪本舗大和屋(本社:新潟県長岡市、代表取締役社長:岸 洋助)は、2019年11月20日(水)から11月25日(月)まで日本橋三越本店の本館7階催物会場で開催される「あんこ博覧会」にて、日本酒と和菓子のペアリングが楽しめるバー「越乃酒菓(こしのしゅか)」を期間限定でオープンいたします。

朝日酒造と越乃雪本舗大和屋は、ともに新潟県長岡市に本社を構え、200年前後の歴史をもつ酒蔵と菓匠です。両社は、昨年の「あんこ博覧会」でもコラボレーションし、昨年に続いて2回目の出展となります。

「越乃酒菓」では、日本酒・久保田と当バーだけでしか味わうことができない越乃雪本舗大和屋の和菓子をお愉しみいただけます。「羹酒(かんざけ)」は、枡に入った羊羹の上に『久保田 純米大吟醸』を注いでお楽しみいただく一品です。柔らかめに仕上げ、甘さをおさえて小豆の渋味を残した羊羹に、日本酒の華やかな香りとすっきりとした味わいが加わることで完成します。
また、日本酒3種に合わせた上生菓子3種もご用意。久保田の最高峰の『久保田 萬寿』には、和栗を使用した「もんぶらん」、山廃仕込みによる純米大吟醸酒『久保田 碧寿』には胡桃入り浮島と無花果入り白餡羊羹が層になった「もみじ」、華やかな香りと甘味・酸味が調和した『久保田 純米大吟醸』にはクリームチーズ餡の練り切りにラムレーズンを合わせた「うさぎ」を合わせてお楽しみいただくのがおすすめです。

日本酒と和菓子のペアリングから生まれる、新しい美味しさとの出会いをお愉しみください。

 

≪「越乃酒菓」概要≫
■期間:2019年11月20日(水)~11月25日(月)
■時間:10:00~19:00
※最終日は18:00終了
※イートインラストオーダーは各日終了30分前
■場所:日本橋三越本店 本館7階催物会場(東京都中央区日本橋室町1-4-1)
■席数:7席

■メニュー
・羹酒(『久保田 純米大吟醸』一杯付) 858円
一合枡に入った羊羹に、『久保田 純米大吟醸』を注いでお楽しみいただく一品です。柔らかめに仕上げ、甘さをおさえて小豆の渋味を残した羊羹に、日本酒の華やかな香りとすっきりとした味わいが加わることで完成します。

・もんぶらん 385円
和栗を使用した和風モンブラン。渋皮煮まるごと一粒に和栗ペーストをあしらっています。『久保田 萬寿』とのペアリングがおすすめです。

2

・もみじ 330円
餡を使用した蒸し菓子「浮島」には香ばしい胡桃を、白餡ベースの羊羹には無花果を入れ、層にしました。秋らしく深い赤にラズベリーで染めた紅葉羊羹をあしらっています。『久保田 碧寿』とのペアリングがおすすめです。

3

・うさぎ 330円
ラム酒に漬けこんだラムレーズンと、クリームチーズ入りの餡を、伝統的な練り切り細工に仕上げました。『久保田 純米大吟醸』とのペアリングがおすすめです。

4

・さぶれ 286円
こしひかり米粉をベースに、あんこのコクをプラスした濃厚なサブレ。白トリュフの香りと共にお楽しみいただけます。

■日本酒
・久保田 萬寿(50ml) 550円
・久保田 碧寿(50ml) 363円
・久保田 純米大吟醸(50ml) 308円
※価格は全て税込です。

■特設サイト:あんこ博覧会スペシャルサイト

 

<越乃雪本舗大和屋について>
創業安永7年(1778年)より241年、日本三大銘菓「越乃雪」の変わらぬ姿を今に伝えています。越後の雪を思わせる味わいは幕末から明治にかけて活躍した多くの人に愛されてきました。越乃雪を作り続ける中で培われてきた技術や思いは、お茶席に納めさせていただいているお菓子にも活かされています。

pagetop