もみじの里づくり

朝日酒造の近くに「もみじ園」があります。ここは明治29年頃、地元の大地主である高橋家の別荘の庭園として造られたもので、樹齢約150~200年のもみじや山桜、ツツジなどが植えられており、四季折々美しい景観を楽しめます。平成元(1989)年、朝日酒造創立70周年を記念し、園内にある山荘(巴ヶ丘山荘)を修復し庭園の整備に協力しました。巴ヶ丘山荘は平成27年、国登録有形文化財に登録されました。
平成9年(1997年)に発足した「越路もみじの会」は、ふるさとの自然を誇り自然を大切にする心を育てたいという想いから、庭園の種からもみじの苗木を育て、地域の新中学生に入学記念として贈る活動を続けています。

越路もみじの会の歴史

平成元年(1989年) 朝日酒造創立70周年記念事業として庭園内の山荘を修復、越路町の「もみじ園」造成に協力した。
平成5年(1993年) 社員が育てたモミジの苗木を越路地域の新中学1年生に記念樹とし贈呈開始(以後、毎年贈呈)。
平成9年(1997年) 社内の活動を町の活動へと広げるために越路町民に参加を呼びかけ、「越路もみじの会」を発足(事務局 朝日酒造)。
平成10年(1998年) 町の木を選定するため町民から募集。圧倒的多数で越路町の木が「もみじ」に決定。
平成17年(2006年) 長岡市制100周年記念事業の一環として、長岡市立中学校26校へもみじの苗木を贈呈する。
平成22年(2010年) もみじ園近くにあるカエデ(もみじ)の見本園「朝日もみじ園」の整備に着手する。
平成27年(2015年) 巴ヶ丘山荘が国登録有形文化財に登録される。

もみじ園

巴ヶ丘山荘

関連リンク

pagetop