得月

純米大吟醸9月限定出荷

得月とくげつ

新潟県産米「ゆきの精」を精米歩合28%にまで磨き上げたお酒です。真珠のように磨かれた米の姿はまるで輝く月のようです。気品ある香味と優しい味わいをお楽しみください。

<希望小売価格>

720ml
4,370円(税抜)

商品情報

※数値は多少変動する場合があります。

原料米 (精米歩合)麹米/掛米

※麹米:麹づくりに使う米
※掛米:酒母・もろみに加える米

ゆきの精 28%/28%
アルコール度数 15度
日本酒度 +2
酸度 1.1

味わい・香り

得月のこだわり

『得月』は、母方に越路早生、父方にコシヒカリの血を受け継ぐ、新潟県産米「ゆきの精」を28%まで磨いて醸しました。 米が砕けないようにそこまで精米するには、三昼夜も時間をかける必要があります。
玄米では楕円形だった「ゆきの精」は、仕込みに使われる時にはまん丸で、あたかも空に輝く満月のようです。
手間隙かけた原料米だからこそ、造りはもちろん丁寧に、低温で一ヶ月程度かけて醗酵させます。
中秋の名月と共に楽しんでいただきたいお酒です。
軽く冷やして、気品ある香りと優しい味わいをお召し上がりください。

名前の由来

商品名『得月』は、中国の蘇鱗が詠んだ「近水樓台先得月」(水に近き楼台は先ず月を得る)に由来します。「得月」には、水面に映った月を見るという意味を含んでいますが、広く“お月見”においてお楽しみいただけたらという想いを込め引用しました。昔から陰暦8月は、空気が乾燥することで月が鮮やかに見え、湿度が低いため心地よく観月できる時期とされてきました。古来この時期になると、祭壇を作りそこにススキを飾って、団子や里芋、お酒などを供えて月を眺めました。
さらに、平安時代に中国から月見の祭事が伝わると、貴族の間で観月の宴や舟遊びをして、月の歌を詠んだり、月見酒を飲んだりしました。日本人が秋の月に寄せた想いは深く、多くの歌が残されていることからもそれをうかがい知ることができます。「得月」にちなんで、盃に月を映して粋な楽しみ方はいかがでしょうか。

月見酒をデザインしたラベル

ラベルの「得月」の文字は、新潟市在住の書家・坂爪叟玄氏に“月”をイメージして揮毫いただきました。パッケージは「鳥獣戯画」をヒントに、うさぎが月見をしながら宴を楽しんでいる風情をデザインしました。
“月見酒で楽しんで欲しい”というメッセージが込められています。商品にはかわいい精米見本もついています。

pagetop