朝日酒造株式会社

香る、久保田 純米大吟醸

想像してみてください。それは、史上最高に華やかな久保田。三十年間磨き続けたキレの良さの中に、甘みと酸味が調和したまるでフルーツのような、華やかな香りが漂う。美味しさを追求し続ける久保田から、新しい純米大吟醸の誕生です。

KUBOTO SINCE 1985 Junmai Daiginjo

久保田、そして久保田

久保田純米大吟醸の化粧箱にあしらったアイコンは“読点(、)”がモチーフです。
30年以上続いた久保田に読点を打ち、新たな久保田として進化させ継承していく姿勢を表現しました。
「水」・「米」・「蔵人の心(汗)」の意味を込めた造形です。ひと口目の旨さが、
食事の味わいを引き立て、会話にも花を咲かせてくれることをイメージしています。

Tasting Notes 華やかな香りとしみわたる上品な甘み

グラスにそそいだ瞬間から洋梨やメロンの
ような華やかな香りが立ち上がり、
口に含んだ時のおだやかな甘みと酸味の
バランスが絶妙な一本です。
フルーツフレーバーが立っていて、後味も
スッキリしているので、はじめての日本酒として
もおすすめです。
香りを楽しむなら常温で、後味のキレを実感する
ならよく冷やして、どちらもバランスよく楽しむ
場合は軽く冷やしてお飲みください。

Food Pairings お料理×久保田純米大吟醸で、楽しみ方が広がる

洋梨やメロンのような華やかな香り、
上品な甘みとなめらかさ。それでいて圧倒的な
キレのある洗練された味わいを持つこのタイプは、
食前酒や乾杯のお酒として、また前菜から
食事中盤にかけておすすめです。

甘い香りは甘味のある食材、爽やかさは酸味の
ある食材と相性がいいので、淡白な素材を活かし
た調理法や、柑橘類などで華やかな風味付けをし
たものと好相性です。
白ワインのように冷やしてワイングラスに注げば、
洋食ともお楽しみいただけます。

pagetop