お問い合わせ

朝日酒造では、お客さまからいただきました貴重なご意見・ご質問を大切にしながら、
より良い酒造りに生かしています。商品へのご質問やご要望については、お気軽にお問い合わせください。
また、皆さまから多く寄せられる内容をまとめた「よくあるご質問」もあわせてご活用ください。

商品のご購入について

お客様への直接の販売はしておりません。お電話では、お近くのお取り扱い店をご紹介させて頂きます。

商品のお問い合わせ

電話:0258-41-3777

受付時間:月~金(祝日・当社指定休日を除く)10時~17時

「久保田」「越州」の取扱販売店について

「久保田」「越州」については、下記にて販売店のご案内をしております。ぜひご活用ください。
※販売店毎に在庫数が異なります。在庫の有無については、各販売店までお問い合わせください。

酒蔵見学について

酒造りや歴史、朝日酒造のこだわり等のお話を交えながら、酒蔵をご案内します。

その他のお問い合わせ

そのほか、商品に関するご質問やご要望は、こちらへお問い合わせください。

商品のお問い合わせ

電話:0258-41-3777

受付時間:月~金(祝日・当社指定休日を除く)10時~17時

住所:〒949-5494 新潟県長岡市朝日880-1

よくあるご質問

Q1.朝日酒造のお酒はどこで買えますか?

A1.

当社からお客様への直接の販売はしておりません。
お近くのお取り扱い店をご紹介させて頂きますので、下記までお電話にてお問い合わせください。

電話:0258-41-3777

受付時間:月~金(祝日・当社指定休日を除く)10時~17時

また「久保田」「越州」については、下記にて販売店のご案内をしております。ぜひご利用ください。

Q2.清酒の賞味期限はどれくらいですか?

A2.

お酒の種類や保管状況にもよりますが、開栓せずに冷暗所(日の当たらない25℃以下の場所)で保管した場合、製造年月より約半年から1年程度は美味しくお飲み頂けます。なお、この期間を過ぎますと徐々に熟成が進み、風味は変わっていきますが、お飲み頂いてもお体に差し障るということはありません。
お酒は日光(紫外線)や熱の影響で色や香味が変化しますので、冷暗所、冷蔵庫での保管が最適です。高温になりそうな場所での長期保管は避けてください。また、開栓後はなるべく早くお飲みください。生酒はフレッシュさをお楽しみいただく為に、冷蔵保存をおすすめ致します。

Q3.製造年月の古いお酒は飲めますか?

A3.

未開栓であれば「傷む・腐る」ということはありませんが、熟成は進んでいると考えられます。熟成が進んでも体に悪影響はありませんが、味見をされてお好みでない場合は料理酒としてお使い頂くことをおすすめ致します。なお、時間が経ってもお酒が酢になることはありません。
また、当社では3年熟成させた「大吟醸 熟成酒 轍(わだち)」を発売しております。低温で貯蔵したこの商品は、熟成による味わいをお楽しみ頂けます。

Q4.朝日酒造のお酒はどこで飲めますか?

A4.

朝日商事株式会社の飲食店などで飲むことができます。詳しくは朝日商事の店舗情報ページをご覧ください。

Q5.酒蔵を見学することはできますか?

A5.

映像やびん詰め工場をみながら、朝日酒造の酒造りをご紹介する「20分見学コース」のほか、製造現場をご案内する「60分製造工程見学コース」をご用意しています。酒造りや、ご予約・イベントの状況によってはご案内できない日時もございます。
詳しくは「酒蔵見学のご案内」をご覧ください。

Q6.朝日酒造ではどんなイベントがありますか?

A6.

国登録有形文化財の松籟閣にて、茶会、寄席、作品展などを開催しているほか、朝日酒造のエントランスホールでは、地域の皆様とふれあうコンサートやイベントなどを定期的に開催しています。
この他にも、四季折々の景観を楽しめるもみじ園、ホタルが飛び交う里、自然体験学習ができる朝日城の森など、
素晴らしい日本文化や自然をお楽しみいただけます。どうぞ酒蔵のある里へ遊びにいらしてください。

Q7.一般向けの日本酒講座はありますか?

A7.

「あさひ日本酒塾」という講座を毎年10月から翌年3月まで全4回のプログラムで開講しています。日本酒知識の普及と日本酒ファンの拡大を目的に開塾しています。杜氏をはじめ、酒造担当者が酒造工程をご説明します。
また、酒造り体験や酒文化にまつわる講義もあります。
受講対象は20歳以上で日本酒に興味がある方を20名募集しています。(酒販店、酒類業界関係者除く)
詳しくは、あさひ日本酒塾事務局にお問い合わせください。

電話:0258-92-3181(代表)

受付時間:月~金(祝日・当社指定休日を除く)10時~17時

pagetop