会社案内

品質本位を、常に追い求めて。

地域と一体となった取組みで、

理想の酒造りを実現したい。

「弊社は天保元年(1830年)の創業以来、ご愛飲家の皆様を始め多くの方々に支えられながら、新潟の水と米と人により、品質本位の酒造りに邁進してまいりました。特に“酒造りは米づくり”との考えから、農業生産法人『有限会社あさひ農研』とともに良質米の栽培・研究を続け成果を上げてきました。昨今、日本酒を取り巻く環境は厳しくなってまいりましたが、先人の足跡に学びあくまでも“品質第一”を念頭に努力を重ね、酒造業の正道を歩み続けてまいります。

さて、弊社では新社屋のエントランスホールを利用し、各種コンサートなどを定期的に実施しております。近くには、越路原、枡形山からの雄大な景観も楽しめます。春には新緑の美しい松籟閣ともみじ園でお茶会を催し、多くのお客様で賑わいます。夏にはホタルが飛び交い、秋にはもみじの紅葉が楽しめ、冬には酒造りの最盛期となります。このように四季を通し、1日ゆっくりと楽しめるような『酒蔵のある里』づくりの夢を抱いています。」

取締役社長細田 康

pagetop